ハナロIDC

(ハナロテレコム)

ハナロデータセンターの特徴

  

■ハード・回線
ハード・ソフトの両面で最高レベルの技術・ノウハウを導入したセキュリティシステムを構築しています。
万が一データセンターの電源がダウンしても、サーバを12時間稼動させる自家発電と、非常供給システムにより更に10時間の予備電源が確保されています。 
なお、当センターの電源がダウンした事はこれまで一度もありません。

日本と韓国を結ぶ回線の中で転送速度が最も速いセンターです。そのため、バックアップデータのアップロードをストレスなく行うことができます。

 

■セキュリティ装置
  
24時間の監視と、静脈認証錠により、お客様よりお預かりした大切なデータを物理的にもお守りいたします。
また、耐震・耐火構造、耐震・耐火・漏水感知システム、緊急用消火ガス排出装置などの装備により不測の事態に備えます。
 
■空調システム
バックアップサーバの稼動環境に最適な温度(22℃〜23℃)と湿度(45%〜50%)を維持する設備が整っています。